東久留米そよかぜ歯科

facebook

twitter

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちら

イメージ

診療案内

小児歯科- PEDODONTICS -

イメージ乳歯・永久歯共に生えたばかりの歯はとても柔らかく非常に虫歯になりやく、大人に比べて虫歯の進行が早いのが特徴です。そのため、虫歯の早期発見と予防ケアがとても大切になってきます。当院では、お子様の虫歯治療や予防、ブラッシング指導、定期検診等に力を入れております。

まず、保護者の方と一緒に診療室に同席してもらい、お子様の治療についてご説明し、十分に納得をしていただいてから治療を開始します。お子様が怖がらず歯の治療を受けることができるように、治療の際には出来るだけ子供の目線で話しかけ、不安を取り除くように心がけております。
お子様が小さい頃に「歯の大切さ」や「ケアの仕方」をきちんと教えてあげることは、お子様の将来において歯に対する意識が大きく変わります。お子様が生涯にわたり健康な歯を維持できるよう、スタッフ一同お手伝いしたいと考えております。

フッ素塗布

イメージフッ素とはミネラルの一種で、毎日の食事を通して身体に摂取される必須栄養素の一つです。飲料水のほか魚介類・海草、乾燥したお茶の葉っぱにもフッ素は含まれています。虫歯予防に効果があり、歯に直接フッ素を塗布することで虫歯を防ぎ、酸に溶けにくい強い歯に変わります。

フッ素は、強い歯を育てるための栄養剤です。歯のエナメル質を強化し酸に溶けにくい状態にする、虫歯の原因であるミュータンス菌の働きを抑える効果があります。生えたばかりのお子様の歯はとても柔らかいため磨きにくく、虫歯になりやすい状態を生み出します。お子様の葉が完全に硬くなるには、生えてから2~3年はかかると言われています。私たちがフッ素塗布をおすすめするのは、お子様の歯の質を早期に硬くし、虫歯になりにくい歯にするためなのです。

シーラント

イメージシーラントとは、奥歯の溝を薄いプラスチックで塞ぐ虫歯予防法です。奥歯の溝は複雑な形をしているので歯ブラシの毛先が入りません。なので毎日きちんと歯を磨いていたにも関わらず、虫歯になってしまうことがあるのです。しかし、虫歯になりやすい奥歯の溝をシーラントで埋めることで、事前に虫歯を予防することができます。

お子様はまだご自分で十分に歯のケアをできないことが多く、虫歯になりやすいものです。シーラントはその性質上、子供が受けると効果的であるとされています(6~7歳頃、11~13歳頃)。特に、虫歯になりやすい生えたての奥歯に有効です。

しかし、シーラントを行ったからといって虫歯にならないというわけではありません。毎日きちんとブラッシングを行い、歯をケアしていきましょう。また、十分な虫歯予防のために、フッ素塗布との併用をお勧めしております。

PAGE TOP